みずき (水木・瑞木) 

学名  Cornus controversa var. controversa (Swida controversa, Bothrocaryum controversum)
日本名  ミズキ
科名(日本名)  ミズキ科
  日本語別名  ミズシ・ミズクサ・ミズブサ・ミズノキ、クルマミズキ、タナハリ、ダンゴノキ・ダンゴシバ(団子柴)・マイダマノキ(繭玉木)、ハシカノキ、イワイギ
漢名  燈臺樹(トウダイジュ,dēngtáishù)
科名(漢名)  山茱萸(サンシュユ,shānzhūyú)科
  漢語別名  瑞木(ズイボク,rùimù)
英名  Giant dogwood
2007/04/13 清瀬市中里 2009/04/16 入間市宮寺

2006/05/01 新座市中野

2006/05/05神代植物公園
2007/06/19 小石川植物園
2005/08/02 調布市

2021/12/02 小平市 玉川上水緑地

2006/12/07 神代植物公園

 ミズキ科 Cornaceae(山茱萸 shānzhūyú 科)には、2属約86種がある。

  ウリノキ属 Alangium(八角楓屬)

      incl. Marlea
   
  ミズキ属 Cornus
      incl. Benthamidia, Chamaepericlynenum, Macrocarpium
   
 ミズキ属 Cornus(山茱萸 shānzhūyú 屬)には、北半球の温帯・亜寒帯に約50-60種がある。
      incl. Benthamidia, Chamaepericlymenum, Macrocarpium

  シラタマミズキ C. alba(Swida alba, C.subumbellata;紅瑞木・涼子木)
         
ロシア・内蒙古・東北・河北・陝甘・青海・山東・華東産 『中国本草図録』Ⅵ/2759
  C. amomum(北美山茱萸)
USA東部産 
  トウミズキ C. bretschneideri(Swida bretschneideri;沙棶)
         
遼寧・内蒙古・華北・陝甘・寧夏?青海・湖北・四川産 
  ゴゼンタチバナ C. canadensis(Chamaepericlymenum canadense;草茱萸)
  ヒマラヤヤマボウシ(キイロヤマボウシ) C. capitata(Dendrobenthamia capitata;
         頭状四照花・鷄嗉子・野茘枝・山茘枝) 
『雲南の植物Ⅱ』183・『雲南の植物』142

  C. chinensis(Macrocarpium chinense;川鄂山茱萸・緣杞) 『中国本草図録』Ⅶ/3262
         
河南・陝甘・湖北・広東・西南産 
  C. controversa
    ミズキ var. controversa(Swida controversa;燈臺樹・瑞木)
    タカネミズキ var. alpina(Swida controversa var.alpina)
    イシヅチミズキ var. shikokumontana(Swida controversa var.shikokumontana)
  C. coreana(Swida coreana;朝鮮棶木)
朝鮮・遼寧産 
  C. elliptica(Benthamidia capitata var.mollis, Dendrobenthamia angustata;尖葉四照花)
         陝甘・華東・両湖・両広・西南産 
  ハナミズキ
(アメリカヤマボウシ) C. florida(Benthamidia florida;大花四照花)
  C. hemsleyi(Swida hemsleyi, C.alsophira;紅椋子)チベット産 『雲南の植物Ⅰ』181
  C. hongkongensis(Denfrobenthamia hongkongensis;香港四照花・山茘枝・糖黃子樹)
         
浙江・江西・福建・湖南・両広・西南産 
  C. kousa
    ヤマボウシ subsp. kousa(Benthamidia japonica, Dendrobenthamia japonica;
         日本四照花)
    var. angustata(Dendrobenthamia angustata;陜葉四照花・山茘枝・野茘枝)
    ヤエヤマヤマボウシ subsp. chinensis(Benthamidia japonica var.chinensis,
         B.sinensis;四照花・山茘枝)
 『中国本草図録』Ⅳ/1777 
         
琉球・臺灣・華東・両湖・西南・陝甘・山西・内蒙古産 
  クマノミズキ C. macrophylla(Swida macrophylla, S.alpina. C.brachypoda;棶木・涼子)
        
本州・四国・九州・臺灣・雲南・ヒマラヤ・ヒンドゥークシュ産 『中国本草図録』Ⅲ/1311
  セイヨウサンシュユ C. mas(Macrocarpium mas;歐洲山茱萸) ヨーロッパ・カフカスに分布
  C. multinervosa(Dendrobenthamia multinervosa;多脈四照花)
四川・雲南産 
  C. obliqua(斜葉棶木)
  C. oblonga(Swida oblonga;長圓葉棶木‣矩圓葉棶木・黑皮楠‣粉帕樹)
        
 中国(四川・雲南)・ヒマラヤに分布。『雲南の植物Ⅱ』182
  サンシュユ C. officinalis(Macrocarpium officinale;山茱萸)
  C. parviflora(Swida parvifolia;小花棶木・貴州四照花)
広西・貴州産 
  C. paucinervis(Swida paucinervis, C.quinquenervis;小棶木・穿魚藤)
         
陝甘・江蘇・福建・両湖・リヒ・西南産 『雲南の植物Ⅱ』182・『中国本草図録』Ⅵ/2760
  C. rugosa(圓葉棶木)
  C. schindleri(C. poliophylla, Swida schindleri;康定棶木・黑椋子)
四川産 
  エゾゴゼンタチバナ C. suecica(Chamaepericlymenum suecicum)
  チョウセンクマノミズキ C. walteri(Swida walteri, C.coreana;毛棶・小六谷)
  C. wilsoniana(Swida wilsoniana;光皮棶木・狗骨木) 河南・浙江・福建・江西・両湖・両広・陝甘・西南産 
   
 和名ミズキは、植物体に水分が多く、春に枝を折ると多量の樹液を滴らせることから。
 北海道・本州・四国・九州・朝鮮・遼寧・河北・陝甘・河南・山東・安徽・長江以南各地・ベトナム・ヒマラヤに分布。
 防火林として植えるほか、太い枝はいろりの自在鉤とし、小枝は小正月の団子を指すのに用いる。
 材は白色緻密でやや軟質、工藝の材や木鉢に用い、また東北地方のこけしの木地として著名。

   櫂の音(と)ゆるに漕ぎかへる山櫻會(やまざくらゑ)の若人が、
   瑞木
(みづき)のかげの戀語り、・・・
      
薄田泣菫「望郷の歌」(『白羊宮』)より
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index