のうぜんかずら (凌霄蔓) 

学名  Campsis grandiflora (C. chinensis)
日本名  ノウゼンカズラ
科名(日本名)  ノウゼンカズラ科
  日本語別名  
漢名  凌霄花(リョウショウカ,língxiāohuā)
科名(漢名)  紫葳(シイ,zĭwēi)科
  漢語別名  苕(チョウ,tiáo)・陵苕(リョウチョウ,língtiáo)、紫葳(シイ,zĭwēi)・茈葳、女葳花、杜靈霄花、上樹蜈蚣、碎骨風、鬼目
英名  Chinese(Great) trumpet creeper
2007/07/16 神代植物公園

2005/007/17 小平市 

 ノウゼンカズラ科 Bignoniaceae(紫葳 zĭwēi 科)には、約82属 約870種がある。

  チャンベルカズラ属 Anemopaegma(黃葳屬)
中南米に約45種
    チャンベルカズラ A. chamberlayii(E.Yellow Trumpet Vine)
         
ブラジル・ボリビア・パラグアイ産

  ツリガネカズラ属 Bignonia(號角藤屬)
 南北米に約28-31種
      incl. Clytostoma, Saritaea
    ツリガネカズラ
(カレーカズラ) B. capreolata(號角藤・紫葳藤) USA中&東部産
    ムラサキノウゼン B. magnifica(Saritaea magnifica;紫鈴藤)
         
パナマ・ベネズエラ・エクアドル産

  ノウゼンカズラ属 Campsis(凌霄屬)

  キササゲ属 Catalpa(梓樹屬)

  フクベノキ属 Crescentia(葫蘆樹屬)
中南米に5-6種
    C. alata(Parmentiera alata)
中米産
    フクベノキ C. cujete(葫蘆樹)
中米産

  ネコノツメ属 Dolichandra
南北米洲に8種
      incl. Macfadyena
    ネコノツメ D. unguis-cati(Macfadyena unguis-cati;猫爪藤)
中南米産

  ハマセンダンキササゲ属 Dolichandrone(銀角樹屬)
         
モザンビーク・熱帯&亜熱帯アジア・濠洲・太平洋諸島に10-11種
    ハマセンダンキササゲ D. spathacea 熱帯&亜熱帯アジア・太平洋に産

  チョウチンノウゼン属 Eccremocarpus(懸果藤屬)
南米太平洋岸に3種
    チョウチンノウゼン E. scaber(智利懸果藤) ペルー・チリに産

  コガネノウゼン属 Handroanthus(風鈴木屬)
中南米に約35-40種
    コガネノウゼン H. chrysotrichus(Tabebuia chrysotricha;毛黃鐘花)
         
ブラジル・アルゼンチン産
    アカバナイペー H. impetigiosus
中南米産

  ハナゴマ属 Incarvillea(角蒿屬)
中央アジア・ヒマラヤ・中国に約14-17種
    I. compacta(密生波羅花・全緣角蒿)
甘肅・青海・四川・雲南・チベット産
    ウンナンハナゴマ I. delavayi(紅波羅花) 四川・雲南産 『雲南の植物』192
    I. diffusa(I.arguta;兩頭毛・毛子草) 甘肅・西南・チベット・ヒマラヤ産 『雲南の植物』191
    I. forrestii(單葉波羅花)
 四川・雲南産 『雲南の植物』192
    I. lutea(黃波羅花・黃花角蒿) 四川・雲南・チベット産 『雲南の植物』192
    I. mairei(鷄肉參・滇川角蒿)
四川・雲南・チベット産
         『週刊朝日百科 植物の世界』2-149・『雲南の植物』194
      オオバナハナゴマ var. grandiflora(I.grandiflora;大花鷄肉參)
         
四川・雲南・青海産
    I. sinensis
      var. sinensis(角蒿)
華北・東北・内蒙古・西北・西南・チベット産
      ハナゴマ ssp. variabilis(I.variabilis;叢枝角蒿)
    I. younghusbandii(藏波羅花) 青海・チベット・ヒマラヤ産
『週刊朝日百科 植物の世界』2-149
    I. zhongdianensis(中甸角蒿)
 雲南産 『雲南の植物』195

  キリモドキ属 Jacaranda(藍花楹属)
中南米に約50種
    キリモドキ
(ジャカランダ) J. mimosifolia(藍花楹) ボリビア・アルゼンチン産

  ソーセージノキ属 Kigelia(吊燈樹屬) 
熱帯アフリカに1-2種
    K. africana(吊燈樹)
熱帯アフリカ・マダガスカル産
      ソーセージノキ var. aethiopica(K.aethiopica)

  ニンニクカズラ属 Mansoa(蒜香藤屬)
中南米熱帯に約11種
      incl. Pseudocalymma
    ニンニクカズラ M. alliaceum(Pseudocalymma alliaceum)

  キダチノウゼン属 Markhamia(猫尾樹屬)
熱帯アフリカ・東南アジアに10種
    キダチノウゼン M. stipulata(Dolichandrone stipulata, D.cauda-felina;
         猫尾木)
広西・海南島・雲南・インドシナ・バングラデシュ産

  Mayodendron(火燒花屬)
1種
    カショウカ M. igneum(Radermachera ignea;火燒花)
         
臺灣・両広・雲南・インドシナ・アッサム産

  コルクノウゼン属 Millingtonia(老鴉煙筒花屬)
1種
    コルクノウゼン M. hortensis(老鴉煙筒花)
雲南・インドシナ・マレシア産

  オオナタミノキ属 Oroxylum(木蝴蝶屬・千張紙屬)
1種
    オオナタミノキ
(ソリザヤノキ) O. indicum(Bignonia indica;
         木蝴蝶・千張紙・千層紙・白玉紙)
南&東南アジア・マレシア産
         
『中薬志Ⅱ』pp.53-55、『週刊朝日百科 植物の世界』2-150

  ソケイノウゼン属 Pandorea(粉花凌霄屬)
東マレシア・濠洲に6種
    ソケイノウゼン
(ナンテンソケイ) P. jasminoides(粉花凌霄)
        
濠洲東北部産
    P. pandorana(魔盒凌霄)
小スンダ列島・ニューカレドニア・東部濠洲産

  ロウソクノキ属 Parmentiera


  リカソルノウゼン属 Podranea(非洲凌霄屬)
アフリカに1-2種
    リソカルノウゼン P. ricasoliana(Pandorea ricasoliana;非洲凌霄)

  センダンキササゲ属 Radermachera(菜豆樹屬)
中国南部・熱帯アジアに15-17種
    センダンキササゲ R. sinica(菜豆樹)
臺灣・両広・雲貴産

  キンレイジュ属 Roseodendron(金鈴木屬)
中南米に2種
    キンレイジュ R. donnel-smithii(Tabebuia donnel-smithii)
         
メキシコ~ベネズエラ産

  カエンボク属 Spathodea(火焰樹屬)
1種
    カエンボク S. campanulata(火焰樹・苞萼木)
熱帯アフリカ原産、熱帯各地で栽培

  Stereospermum(羽葉楸屬)
中国南部・アジア&アフリカの熱帯に12-26種
    S. tetragonum(S.colais;羽葉楸)
広西・雲貴・インドシナ・インド・スリランカ産

  Tabebuia(粉鈴木屬)
中南米・西インド諸島に約67-74種
    ギンヨウノウゼン T. aurea(T.argentea;黃金風鈴木)
南米産
    カワリバノウゼン T. heterophylla(異葉粉鈴木)
カリブ海域産
    シラキノウゼン T. insignis
熱帯アメリカ産
    モモイロノウゼン T. pallida(白色單葉金) カリブ海域産
    キダチベニノウゼン T. rosea(T.pentaphylla, Handroanthus pentaphyllus;
         掌葉黃鐘木)
熱帯アフリカ産

  Tecoma(黃鐘花屬)
アメリカ熱帯&亜熱帯に7種
    タチノウゼン T. stans(Stenolobium stans, Tecomaria stans;黃鐘樹)
         アメリカ熱帯&亜熱帯に産
 

  ヒメノウゼンカズラ属 Tecomaria(硬骨凌霄屬)
タンザニア・南アフリカに2種
    ヒメノウゼンカズラ T. capensis(Bignonia capensis, Tecoma capensis;
        鐵角凌霄・硬骨凌霄) タンザニア・南アフリカ産
   
 ノウゼンカズラ属 Campsis(凌霄 língxiāo 屬)には、2種がある。

  ノウゼンカズラ C. grandiflora(C. chinensis;凌霄花)
  アメリカノウゼンカズラ
(コノウゼン) C. radicans(美國凌霄・硬骨凌霄) 
   
 漢名凌霄は、李時珍『本草綱目』に「木に附して(くっついて)上り、高きこと数丈、故に凌霄(天空に升る)と曰う」と。
 漢語の茈・紫・柴の字については、ムラサキの訓を見よ。
 漢語の苕(チョウ,tiáo)は、普通はノウゼンカズラを指すが、別に古くからヨシの穂を指し、またアキノタムラソウを指す。なお、苕子(チョウシ,tiáozĭ)・苕菜(チョウサイ,tiáocài)はゲンゲクサフジの類。
 和名ノウゼンは、凌霄の音の訛りかという。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)紫威に、「和名乃宇世宇、一名末加也岐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)陵苕に「和名末加夜木、一云農世宇」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』14(1806)紫葳に、「ノセウ
和名鈔 マカヤキ同上 ノウゼンカヅラ」と。
 河北・河南・陝西・山東・華東・両湖・両広・雲貴に分布。
 日本には、9世紀までに渡来。
 花・蕾は有毒。
 中国では、花を凌霄花と呼び、根を紫葳根と呼び、茎・葉を紫葳莖葉と呼び、それぞれ薬用にする。『中薬志Ⅲ』pp.358-361 
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「藤桂のるひ」に、「凌霄(のふせん) かつらにて木ニまとひ付。花ハ赤ク、大りんなり」と。
 
  久米寺
(くめでら)の凌霄花(のうぜんかづら)の蜂のおと思ひいでなむ静かなる時もがも
    
(1930「飛鳥」,斎藤茂吉『たかはら』) 
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index