さわふたぎ (沢蓋木)

学名  Symplocos sawafutagi (S. chinensis ssp. pilosa, S. chinensis var. leucocarpa f. pilosa)
日本名  サワフタギ
科名(日本名)  ハイノキ科
  日本語別名  ルリミノウシコロシ、ムシカレ、ニシゴリ(錦織)・ニシコリ・ニシッコリ、コメゴ 
漢名  琉璃山礬(ルリサンハン,liúlí shānfán)
科名(漢名)  山礬(サンハン,shānfán)科
  漢語別名  土常山(ドジョウザン,tuchangshan)、猪婆柴(チョハサイ,zhupochai)、江黃仔(コウコウシ,jianghuangzi)、狗屎木、華灰木華山礬(カサンハン,huá shānfán)
英名  
2007/04/10 小石川植物園
2021/04/22 小平市玉川上水緑地

2008/04/29 神代植物公園
2017/07/08 長野県蓼科山

 2021/10/28 小平市玉川上水緑地

 まれに果実が白いものがあり、シロミノサワフタギ f. leucocarpa という。
 中国に分布するのは、基準変種カラサワフタギ S. chinensis var. chinensis(華山礬)。 『雲南の植物Ⅱ』203
 ハイノキ属 Symplocos(山礬 shānfán 屬)の植物については、ハイノキ属を見よ。
 和名サワフタギは、沢塞ぎの転訛。よく茂って 沢を塞ぐということから。地方により、他にフサザクラクロウメモドキもサワフタギの名で呼ぶ。
 別名ニシゴリは、一説に錦織木であり、灰汁
(あく)を紫染・草木染に用いたことから(白井光太郎『樹木和名考』)。一説に、虫食われ→ムシカレ・ムシカリ・ムシコリ→ニシコリ・ニシゴリであろう、という(武田久吉『民俗と植物』)ムシカリを見よ。
 北海道・本州・四国・九州・朝鮮・江西・湖南・両広に分布。
 中国では、根・葉などを薬用にする。また根は、土常山としても用いる(ノリウツギを参照)

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index