よろいぐさ (鎧草) 

学名  Angelica dahurica
日本名  ヨロイグサ
科名(日本名)  セリ科
  日本語別名  オオシシウド、サイキ、ウマゼリ、カンラ、ヤマウド
漢名  白芷(ハクシ,báizhĭ,びゃくし)
科名(漢名)  繖形(傘形,サンケイ,sanxing)科
  漢語別名  興安白芷(コウアンハクシ,xinganbaizhi)、東北大活
英名  
2008/04/17 薬用植物園 2006/06/22 薬用植物園
2008/04/15 小石川植物園

2007/06/20 薬用植物園

2008/08/29 群馬県 浅間高原

2010/08/26 志賀高原

2007/07/21 薬用植物園

2007/08/13 同上

 中国では、次のような変種・品種を区別する。

  var. formosana(A.formosana, A.taiwaniana;臺灣獨活)
 臺灣産
  cv. Hangbaizhi(杭白芷)
中国南部で栽培、主産地は浙江・四川
  cv. Qibaizhi(祁白芷・禹白芷)
河北・河南で栽培
   
 シシウド属 Angelica(當歸 dāngguī 屬)については、シシウド属を見よ。
 漢名を白芷というものについては、シシウドの誌を見よ。
 白芷の漢音はハクシだが、慣例として呉音でビャクシと読む。
 芷は、ヨロイグサの仲間の称謂、転じて香りのよい草の意にも用いる。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)白芷に、「和名加佐毛知、一名佐波宇止、一名与呂比久佐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)白芷に、「和名加佐毛知、一云与呂比久佐」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』10
(1806)白芷に、「ヨロヒグサ延喜式 サイキ信州 ウマゼリ勢州 カンラ同上 ヤマウド作州 今ハ通名」と。
 本州・九州・朝鮮・中国東北・ウスリー・アムール・東シベリアに分布。
 中国では、ヨロイグサなど同属のいくつかの植物の根を 白芷(ハクシ,báizhĭ,びゃくし)と呼び、薬用にする。シシウドの誌を見よ。
 日本では、ヨロイグサの根を 白芷
(びゃくし)と呼び、薬用にする(日本薬局方)。
 また中国では、種子から油を採り 工業用にする。
 宮崎安貞『農業全書』(1696)に、「園に作る薬種」の一として「白芷」をあげ、
 「白芷は唐のを用ゆるがよけれども、山城にては倭を作りて是も薬屋に売りて利ありと云ふなり。・・・」(岩波文庫本)と。
 18世紀には奈良県宇多地方で栽培し、大和白芷と呼ばれたが、昭和40年代から衰微。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index