はないばな (葉内花) 

学名  Bothriospermum tenellum
日本名  ハナイバナ
科名(日本名)  ムラサキ科
  日本語別名  
漢名  柔弱斑種草(ジュウジャク ハンシュソウ, róuruò bānzhŏngcăo)
科名(漢名)  紫草(シソウ,zĭcăo)科
  漢語別名  細疊子草(サイジョウシソウ,xidiezicao)、鬼點燈
英名  
2021/03/24 小平市玉川上水緑地 

2007/04/15 神代植物公園

2008/05/15 館山市洲崎
2007/04/30 あきる野市
2009/11/28 京都市嵯峨野
 ハナイバナ属 Bothriospermun(斑種草 bānzhŏngcăo 屬)には、アジアの熱帯・温帯に5-6種がある。

  ヒロハハナイバナ B. chinense(斑種草・蛤蟆草・細疊子草)
遼寧・華北・陝甘・山東産
         『中国本草図録』Ⅹ/4811・『中国雑草原色図鑑』172
  トウハナイバナ B. kusnezowii(B.decumbebs;狹苞斑種草)
         華北・東北・西北産 『中国雑草原色図鑑』172
  オオハナイバナ B. secundum(多苞斑種草)
華北・東北・陝甘・山東・江蘇・雲南産
  ハナイバナ B. zeylanicum(B.tenellum;柔弱斑種草・細疊子草)
         『中国本草図録』Ⅹ/4812・『中国雑草原色図鑑』173
   
 ムラサキ科 Boraginaceae(紫草 zĭcăo 科)については、ムラサキ科を見よ。
 和名は、花が葉の中にあることから葉内花という説と、葉の縁が波打つ様子から葉萎え花という説がある(『改訂新版 日本の野生植物』)
 北海道・本州・四国・九州・小笠原・琉球・朝鮮・臺灣・両広・華東・河南・陝甘・西南・東北・ベトナム・フィリピン・ヒマラヤ・インド・スリランカ・中央アジア・極東ロシアに分布。
 中国では、本種の全草を鬼點燈と呼び、B. chinense(斑種草)の全草を蛤蟆草(コウバソウ, hamacao)と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index