ひよどりばな (鵯花) 

学名  Eupatorium makinoi (E.japonicum auct. non Thunb., E.chinense auct. non L.)
日本名  ヒヨドリバナ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2012/08/28 長野県 茅野市北山

2007/07/19 森林公園

2006/08/28 殿が谷戸公園

 中国南部に分布するシナヒヨドリ E. chinense(華澤蘭・蘭草・大澤蘭・多鬚公・六月霜)と同一種とされていたが、別種である(『改訂新版 日本の野生植物』)。
 ヒヨドリバナ属 Eupatorium(澤蘭 zélán 屬)には、歐亞・北米に約45-60種がある。

  ミカエリヒヨドリバナ E. amabile(多花澤蘭)
臺灣産
  E. cannabinum (西藏澤蘭・大麻葉澤蘭)
 歐洲・北西アフリカ・西&中央アジア産 『中国本草図録』Ⅳ/1886
  イトバヒヨドリ E. capillifolium
北アメリカ原産
  シナヒヨドリ E. chinense (華澤蘭・蘭草・大澤蘭・多鬚公・六月霜)
華東・両湖・両広・西南産
          
『雲南の植物』224・『中国本草図録』Ⅸ/4370・『中国雑草原色図鑑』250
  タイワンヒヨドリ E. formosanum(var.quasitripartitum, E.cannabium subsp.asiaticum;
         臺灣澤蘭)
臺灣産
  ヨツバヒヨドリ E. glehnii(E.chinense subsp.sachalinense)
  E. heterophyllum (異葉澤蘭・紅升麻)
 中国西南産 『中国本草図録』Ⅰ/0381・『雲南の植物』224
  ソオウヒヨドリ E. hualienense
  フジバカマ E. japonicum (E.fortunei;白頭婆・澤蘭・圓梗澤蘭・山蘭・不老草)
  サケバヒヨドリ E. laciniatum (E.chinense var.angustatum sensu H.Hara)
  サワヒヨドリ E. lindleyanum (白鼓釘・尖佩蘭・佩蘭・澤蘭・林氏澤蘭)
         『中国雑草原色図鑑』250
    サワヒヨドリ var. lindleyanum
      ホシナシサワヒヨドリ f. eglandulosum(E.lindleyanum var.eglandulosum)
    ハマサワヒヨドリ var. yasushii
  シマフジバカマ E. luchuense
    キールンフジバカマ var. kiirunense(E.kiirunense)
  ヒヨドリバナ E. makinoi(E.chinense var.oppositiflorum)
    キクバヒヨドリ var.makinoi(E.chinense var.dissectum, E.laciniatum var.dissectum)
    オオヒヨドリバナ var. oppositifolium(E.chinense var.simplicifolium
         f.eglandulosum, E.chinense var.oppositifolium))
  ツキヌキヒヨドリ E. perfoliatum
  シマダヒヨドリ E. shimadae(毛果澤蘭)
  タシロヒヨドリ E. tashiroi(木澤蘭)
    クスクスバカマ var. gracillimum(E.clematideum var.gracillimum)
  トウザンヒヨドリ E. tozanense(E.chinense var.tozanense;土場白頭婆)
  ミツバヒヨドリバナ E. triaprtitum(E.chinense var.tripartitum,
        E.japonicum var.tripartitum;三裂葉白頭婆)
  ヤマヒヨドリバナ E. variabile
  ヤクシマヒヨドリ E. yakushimense
   
 キク科 Asteraceae(菊 jú 科)の植物については、キク科を見よ。
 和名は、ヒヨドリが南に渡るころに花がさくことから。なお、ヒヨドリの渡りは9-10月。
 漢土における蘭(ラン,lan)という語の変遷について、また日本におけるその訓読の歴史について、ランの訓を参照。
 属名 Eupatorium は、ギリシア語のエウパトリオンから。
 ポントス Pontus
(小アジアの黒海沿岸にあった古代王国)の王エウパトール Eupator(ca.132B.C.-63B.C.)の名に因む。彼は、初めてこの仲間の草を薬用に用いたという。
 北海道・本州・四国・九州・朝鮮・中国に分布。
 花は白色
(まれに紫色を帯びる)。葉には香りが無い。
 漢名を澤蘭という生薬に、シロネがある。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index