いぬたで (犬蓼) 

学名  Persicaria longiseta (P.blumei, Polygonum longisetum)
日本名  イヌタデ
科名(日本名)  タデ科
  日本語別名  アカマンマ(アカノマンマ・アズキノマンマ)、オコワバナ(オコワクサ・キツネノオコワ)、ハナタデ、オニタデ
漢名  長鬃蓼(チョウソウリョウ,chángzōngliăo)
科名(漢名)  蓼(リョウ,liăo)科
  漢語別名  犬蓼、假長尾葉蓼(カチョウビヨウリョウ,jia changweiye liao)
英名  
2008/08/29 群馬県浅間高原

2007/08/22 小平市
2008/10/09 入間市宮寺
2006/09/23 野川公園自然観察園

 イヌタデ属 Persicaria(蓼 liăo 屬) には、全世界に約120-200種がある。

  エゾノミズタデ P. amphibia(Polygonum amphibium;兩棲蓼・小黃藥) 
         『中国本草図録』Ⅴ/2057・『中国雑草原色図鑑』19
    var. amphibia
歐洲~西シベリア産 
    エゾノミズタデ var. amurensis(Polygonum amphibium var.amurense) 
         北海道・本州(東北・長野北部)・中国西南・ヒマラヤ・東シベリア・極東ロシア産
  P. assamica(Polygonum assamicum;阿薩姆蓼)
広西・西南・ミャンマー・アッサム産 
  ケタデ P. barbata(Polygonum barbatum, P.rivulare;毛蓼・四季靑) 『中国本草図録』Ⅰ/0038
    ケタデ var. barbata(P. kotoshoensis)
琉球・臺灣からアラビアまで 広く熱帯アジアに産 
    リュウキュウタデ var. gracilis (小毛蓼・細刺毛蓼・蓼子草)
東南&南アジア産 
  タイワンミゾソバ P. biconvexa(Polygonum biconvexum;雙凸戟葉蓼)
臺灣・スマトラ産 
  ナガバノヤノネグサ
(ホソバノヤノネグサ) P. breviochreata(Polygonum breviochreatum)
         
本州(関東以西)・四国・九州・朝鮮産 
  ハリタデ P. bungeana(Polygonum bungeanum;柳葉刺蓼・本氏蓼)
         『中国本草図録』Ⅸ/4085・『中国雑草原色図鑑』21
  P. caespitosa(Polygonum caespitosum;叢枝蓼・簇蓼・辣蓼)
         
 ベトナム・アッサム産 『中国本草図録』Ⅳ/1595
  ヒメツルソバ P. capitata(Polygonum capitatum;頭花蓼・紅酸杆・石莽草)
         
外来の観賞用栽培植物『中国雑草原色図鑑』21
  ツルソバ
(タイワンツルソバ・ホウノミ) P. chinensis (P.chinensis var.thunbergiana,
         P.umbellata, Polygonum chinense;
         火炭母草・黃鱔藤・冷飯藤・鷄屎蔓・川七・暈藥)
         
本州(房総半島南部以西)・四国・九州・琉球・済州島・臺灣・中国・東南&南アジア産 
         『中国本草図録』Ⅲ/1085・『中国雑草原色図鑑』22
    var. hispida (粗毛火炭母・小紅人)
    var. thunbergiana (赤地利,セキチリ,chidili,
しゃくちり)
  サトヤマタデ P. clivorum
 本州中部以西・宮崎県に産 
  ミヤマタニソバ P. debilis(Polygonum debile)
北海道・本州・四国・九州・朝鮮産 
  ナツノウナギツカミ
(リュウキュウヤノネグサ) P. dichotoma(P.ooagariensis,
         Polygonum dichotomum;二歧蓼)
南西諸島・臺灣・福建・広東・東南アジア・アッサム産 
  コゴメタデ P. dissitiflora(Polygonum dissitiflorum;稀花蓼)
 『中国本草図録』Ⅸ/4086
  P. erectominor
    ヒメタデ var. erectominor(Polygonum erectominus)
北海道・本州・四国・九州・朝鮮・中国産
      アオヒメタデ f. viridiflora(var.koreeense)
    マンシュウヒメタデ var. sungareensis(P.sungareensis)
  ミズヒキ P. filigormis(P.virginiana var.filiformis)
    ギンミズヒキ f. albiflora
    フイリミズヒキ 'Variegata'
  P. foliosa(Polygonum foliosum)
    マンシュウヌカボタデ var. foliosa(多葉蓼)
朝鮮・中国東北・極東ロシア・シベリア・北歐産 
    サイコクヌカボ var. nikaii(Polygonum paludicola varnikaii)
    ヤナギヌカボ var. paludicola(Polygonum paludicola;寛基多葉蓼)
         
北海道・本州・四国・九州・朝鮮・中国東北・江蘇・安徽産 
  トヨボタニソバ P. geocarpica
  オオサクラタデ P. glabra(Polygonum glabrum;光蓼)
         
琉球・臺灣・福建・両湖・両広から世界の熱帯・亜熱帯に産 
  ヒメタニソバ P. glacialis(P.lyrata;冰川蓼)
  ナガバノウナギツカミ P. hastatosagittata(P.ussuriensis,
         Polygonum hastatosagittatum;長箭葉蓼)
         
北海道・本州・四国・九州・朝鮮・臺灣・中国東北・河北・華東・両湖・両広・西南・ウスリー産 
  ヤナギタデ
(マタデ) P. hydropiper(Polygonum hydropiper;水蓼)
         『中国本草図録』Ⅴ/2059・『中国雑草原色図鑑』24
    アザブタデ
(エドタデ) f. angustissima(var. fastigiata)
    ムラサキタデ f. purpurascens(var.latifolia)
    サツマタデ f. viridis(var.maximowiczii)
    ザラツキヤナギタデ f. scabrida
  P. japonica
    シロバナサクラタデ var. japonica(P.japonica subsp.micrantha,
         P.sterilis, Polygonum japonicum;蠶繭草)
『中国雑草原色図鑑』24
    ケサクラタデ var. scabrida
琉球・臺灣産 
  P. jucunda(Polygonum jucundum;愉悦蓼)
陝甘・華東・両湖・両広・西南産 
  ホソバヌマタデ P. koreensis
  P. lapathifolia 
    オオイヌタデ var. lapathifolia (P.lapathifolia, Polygonum lapatifolium,
         Polygonum nodosum;酸模葉蓼・早苗蓼・大馬蓼・旱辣蓼)
         『中国本草図録』Ⅸ/4087・『中国雑草原色図鑑』25
    サナエタデ var. incana(var.maxima, var.tomentosa, var.pallida,
         P.lapathifolia auct.non (L)Gray, P.tomentosa, P.scabra)
    キヌタデ var. lanata(密毛酸模葉蓼)
    var. salicifolia (綿毛酸模葉蓼・柳葉蓼)『中国雑草原色図鑑』25
  ヒメヌカボタデ P. lii(Polygonum procumbens)
  P. limicola(Polygonum limicola;汚泥蓼)
両湖・両広産 
  イヌタデ P. longiseta (Polygonum longisetum, Polygonum blumei,
         Persicaria blumei;長鬃蓼・假長尾葉蓼・犬蓼・辣蓼)
  サデクサ P. maackiana (Polygonum maackianum;長戟葉蓼) 
         
『中国雑草原色図鑑』26 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・ 
         華北・東北・陝西・華東・両湖・両広・西南・ウスリー産
  P. maculosa
    ハルタデ subsp. hirticaulis
      ハルタデ var. pubescens
      シラカワタデ var. amblyophylla
    ヨウシュハルタデ subsp. maculosa(P.vulgaris, Polygonum persicaria;
         春蓼・桃葉蓼・馬蓼)
  エダハリタデ P. manshuricola
  コミゾソバ P. mikawana
  ヤノネグサ P. muricata(P.nipponensis, Polygonum nipponense;小蓼花)
  シンミズヒキ P. neofiliformis(P.filiformis var.neofiliformis,
         Antenoron neofiliforme, Polygonum neofiliforme;短毛金綫草・蓼子七)
         
北海道・本州・四国・九州・朝鮮・陝甘・華東・両湖・両広・西南・ヒマラヤ産
  タニソバ P. nepalensis (Polygonum nepalense;尼泊爾蓼・猫兒眼睛)
        『中国本草図録』Ⅵ/2559・『中国雑草原色図鑑』26
  P. odorata
    サクラタデ subsp. conspicua(P.macrantha subsp.conspicua,
         P.japonica subsp.conspicua, P.conspicua,
         Polygonum japonicum var. conspicuum, P.conspicuum;芳香蓼)
      シロバナハナサクラタデ F. albiflora(Persicaria conspicua f.albislora;)
  オオケタデ
(オオベニタデ) P. orientalis (P.pilosa, P.cochinchinensis,
         Polygonum orientale, P.pilosum;紅蓼・葒草・東方蓼)
         外来種。 『中国雑草原色図鑑』27
  P. paralimicola(Polygonum paralimicola;濕地蓼)
湖南・江西産 
  P. pensylvanica
    オトメサナエタデ
(アメリカサナエタデ) var. laevigata
    ケオトメサナエタデ var. pensylvanica
  イシミカワ P. perfoliata (Polygonum perfoliatum;槓板歸・貫葉蓼)
        
 『中国雑草原色図鑑』27
  ハナタデ
(ヤブタデ) P. posumbu(P.posumbu var.laxiflora, P.yokusiana,
         P.caespitosa subsp.yokusaiana, Polygonum posumbu;叢枝蓼・簇蓼・辣蓼)
         
『中国本草図録』Ⅳ/1595
    ホソバハナタデ var. stenophylla(P.yokusaiana var.stenophylla)
  ホソバノウナギツカミ P. praetermissa(P.hastatoauriculata,
         Polygonum hastatosuriculatum;疏蓼)
日本(本州関東以西・四国・九州・琉球)・
         朝鮮・臺灣・
華東・湖北・両広・西南・インドシナ・フィリピン・ニューギニア・濠洲産 
  ボントクタデ P. pubescens (P.pubescens var.acuminata, P.flaccidum,
         Polygonum pubescens;辣蓼・紅辣蓼) 牧野は Polygonum flaccidum と同。

  アラゲタデ P. pulchra(P.attenuata subsp. pulchra, P.tomentosa,
         Polygonum pulchrum;麗蓼)
琉球・臺灣・広西・熱帯アジア産 
  ニイタカタニソバ P. runcinata(Polygonum runcinatum (缺腰葉蓼・赤脛散)
         
『雲南の植物』73
  P. sagittata(P.anguillana, P.sieboldii f.laevicaulis, P.aestiva,
         P.sagittata var.aestiva, P.sieboldii, P.belophylla)
    var. sagittata
北米東部産 
    ウナギツカミ
(アキノウナギツカミ) var. sibirica(箭頭蓼・雀翹)
         『中国本草図録』Ⅴ/2061・『中国雑草原色図鑑』29
  ママコノシリヌグイ P. senticosa (Polygonum senticosum;刺蓼)
         『中国本草図録』Ⅹ/4574・『中国雑草原色図鑑』28
  ダイトウサクラタデ P. taitoinsularis(P.japonica var.taitoinsularis)
  ヌカボタデ P. taquettii(Polygonum taquetii;細葉蓼)
         
北海道・本州・四国・九州・済州島・華東・両湖・広東産
  シマヒメタデ
(フトボノヌカボタデ) P. tenella(P.kawagoeana, P.minor var.kawagoeana;
         柔莖蓼)
千葉・和歌山・九州・臺灣・華東・両広・雲南・ヒマラヤ・マラヤ・スマトラ産
  P. thunbergii
    ミゾソバ var. thunbergii(Polygonum thunbergii;戟葉蓼・水犂壁草)
         
北海道・本州・四国・九州・朝鮮・華北・東北・陝甘・華東・両湖・両広・西北・
         ウスリー・アムール・樺太産 『中国雑草原色図鑑』30
    ヤマミゾソバ var. oreophila(P.oreophila)
    ニシミゾソバ var. hassegawae(P.hassegawae)
    コミゾソバ var. mikawana
  アイ P. tinctoria (Polygonum tinctorium;蓼藍
外来の栽培植物
  ホソバイヌタデ P. trigonocarpa(Polygonum minus var. trigonocarpum,
        Polygonum trigonocarpum)
    モリイヌタデ var. roseoviridis(P.roseoviridis, P.erectominor var.roseoviridis)
  P. viscofera
    ネバリタデ var. viscofera(Polygonum viscoferum;粘蓼)
    オオネバリタデ var. robusta(P.makinoi, P.excurrens, Polygonum makinoi)
      イヌネバリタデ f. laevis(P.mkinoi var.laevis)
  ニオイタデ P. viscosa (Polygonum viscosum;香蓼・粘毛蓼)
         
北海道・本州・四国・九州・朝鮮・臺灣・華東・両湖・両広・西南・陝西・東北・ウスリー・インド産 
         『中国本草図録』Ⅲ/1090・『中国雑草原色図鑑』29
   
 タデ科 Polygonaceaee(蓼 liăo 科)については、タデ科を見よ。
 和名は、本蓼(真蓼・ヤナギタデ)と異なり辛味が無く、食用にならないことから。
 アカマンマは、よく子供たちがままごと遊びに用いたことから。
 北海道・本州・四国・九州・琉球・臺灣・フィリピン・朝鮮・中国(陝甘・西南以東の各地)・東南アジア・ヒマラヤ・樺太・ウスリー・モンゴル・シベリアに分布。
 中国では、イヌタデ属の植物のうち、ボントクタデ(辣蓼・紅辣蓼)・ヤナギタデ(水蓼)・P.lapathifolia var.salicifolia(柳葉蓼・綿毛酸模葉蓼)などの全草・根・葉を、辣蓼(ラツリョウ,làliăo)と呼び、薬用にする。江蘇省では、イヌタデを辣蓼として用いる。
 
   露草や赤のまんまもなつかしき 
(泉鏡花。絶筆という)
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index