みしまさいこ (三島柴胡) 

学名  Bupleurum stenophyllum
 〔B.scorzonerifolium var.stenophyllum, B.komarovianum, B.falcatum var.komarowii, B.chinense var.octoradiatum, B.chinense var.komarovianum,
 B.scorzonerifolium auct. non Wild., B.falcatum auct. non L., B.falcatum var.scorzonerifolium auct. non (Wild.)Ledeb.〕
日本名  ミシマサイコ
科名(日本名)  セリ科
  日本語別名  アマアカナ、ノゼリ、ノダケ、オオザマシ
漢名  長白柴胡(チョウハクサイコ, chángbái cháihú)
科名(漢名)  繖形(傘形,サンケイ,sănxíng)科
  漢語別名  柞柴胡
英名  
2020/04/15 小石川植物園 2007/04/19 薬用植物園
2007/07/21 同上

2007/08/13 同上
2007/10/08 同上
 学名は、YList に従った。

 Kew植物園のIPNIによれば、
  B. stenophyllum は、日本産、
  B. komarovianum は、日本・朝鮮・中国東北・極東ロシア産、
 それに対して
  B. falcatum は、歐洲・カフカス産
  B. scorzonerifolium は、日本・朝鮮・中国・モンゴリア・極東ロシア・シベリア産。
   
 ホタルサイコ属 Bupleurum(柴胡 cháihú 屬)には、世界に約180-210種がある。

  レブンサイコ B. ajanense(B.triradiatum var.ajanense)
  ホソバノミシマサイコ B. angustissimum(B.scorzonerifolium var.angustissimum;
         綫葉柴胡)
山西・陝甘・青海・モンゴリア産
  B. aureum (金黃柴胡・貫葉柴胡)
         モンゴル・シベリア・中央アジア・歐洲ロシア産 『中国本草図録』Ⅸ/4261
  ヒロハミシマサイコ B. chinense(柴胡・北柴胡・竹葉柴胡・韭葉柴胡・蚱螞腿;
         E.Hare's ear)
『中薬志Ⅰ』pp.366-374、『中国本草図録』Ⅱ/0742
         華北・東北・華東・両湖・西南・陝甘から広く歐亞に産
  B. dalhousieanum(匍枝柴胡) 雲南・チベット・ヒマラヤ産 『中国本草図録』Ⅷ/3705
  タイゲキサイコ B. euphorbioides(大苞柴胡) 朝鮮・吉林産 『中国本草図録』Ⅲ/1306
  タイワンサイコ B. kaoi(臺灣柴胡)
  タケシマサイコ B. latissimum
  B. longeradiatum
    ホタルサイコ var. elatius
    オオホタルサイコ var. longeradiatum(大葉柴胡) 『中国本草図録』Ⅹ/4769
         
北海道・本州・九州・朝鮮・中国東北・モンゴリア・極東ロシア産
    オオハクサンサイコ var. pseudonipponicum
山梨産
    エゾホタルサイコ var. sachalinense(B.sachalinense)
    コガネサイコ var. shikotanense
  ハクサンサイコ B. nipponicum
    エゾサイコ var. yezoense(B.yesoense)
  フジワラサイコ B. quadriradiatum
  オクミシマサイコ B. scorzonerifolium(B.falcatum var.scorzonerifolium;
         紅柴胡・狹葉柴胡・南柴胡・軟苗柴胡・香柴胡)
         華北・東北・陝甘・山東・江蘇・安徽・湖北・広西・四川・モンゴリア・シベリア・極東ロシア産
         『中薬志Ⅰ』pp.366-374、『中国本草図録』Ⅶ/3248
  ダフリアサイコ B. sibiricum(興安柴胡)
中国東北・モンゴリア・シベリア産
  B. smithii(黑柴胡・小五台柴胡)
華北・陝甘・青海・内蒙古産 『中国雑草原色図鑑』147
  ミシマサイコ B. stenophyllum(B.scorzonerifolium var.stenophyllum,
         B.komarovianum, B.falcatum var.komarowii,
         B.chinense var.octoradiatum, B.chinense var.komarovianum;
         長白柴胡・柞柴胡) 『中国本草図録』Ⅴ/2231
    イキノサイコ var. obvallatum(B.scorzonerifolium var.obvallatum)
  B. yunnanense(雲南柴胡・滇柴胡) 雲南産 『中国本草図録』Ⅷ/3706 
   
 セリ科 Apiaceae(Umbelliferae;繖形(傘形) sănxíng 科)については、セリ科を見よ。
 漢語の茈・柴の字については、ムラサキの訓を見よ。
 和名は、サイコ(柴胡)に似て、静岡県三島地方から産出することから。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)茈胡に、「和名乃世利、一名波末阿加奈」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』9
(1806)柴胡に、「アマアカナ古名 ノゼリ同上 今ハ通名」と。
 北海道・本州・四国・九州・朝鮮・吉林・黒龍江に分布。
 絶滅危惧Ⅱ類(VU)。東京都・埼玉県では情報不足。
 中国では、柴胡・狹葉柴胡などの根を 柴胡(サイコ,cháihú)と呼び、解熱・鎮痛・強肝に用いる。また地方により、上記の中国産の同属の植物のほとんどすべてを、柴胡と同様に用いる。『中薬志Ⅰ』pp.366-374
 日本では、ミシマサイコの根をサイコと呼び、同様に用いる(日本薬局方)。

かげろふや柴胡の糸の薄曇 (芭蕉,1644-1694,『猿蓑』1691)
   幸田露伴評釈(1937)に、「柴胡近人の耳目に親しからず。されども元禄の頃は、行きわたりたるものなる故に此句ありたりと覚し」と。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index