にがな (苦菜)

 学名
 Ixeridium dentatum subsp. dentatum (Ixeris dentata, Ixeris thunbergii, Lactuca dentata, L.thunbergii)
 和名
 ニガナ
 科名(和)
 キク科
  別名(和)
 チグサ、ミチバタニガナ
 漢名
 小苦蕒(ショウクバイ,xiăokŭmăi)
 科名(漢)
 菊(キク,jú)科
  別名(漢)
 荼(ト,tú)、苦瓜菜、齒緣苦蕒(シエンクバイ,chiyuankumai)
 英名
2007/05/10 薬用植物園

2020/05/13 小平市玉川上水緑地
2008/06/14 六甲高山植物園

 

 ニガナ属 Ixeridium(小苦蕒 xiăokŭmăi 屬)には、アジアに約15-25種がある。

  タカネニガナ I. alpicola(Ixeris dentata subsp.alpicola)
本州・四国・九州産
  ホソバニガナ I. beauverdianum(Ixeridium makinoanum)
         
本州(関東以西)・四国・九州・中国・ヒマラヤ・インドシナ産
  I. dentatum
    ニガナ subsp. dentatum(Ixeris dentata;小苦蕒・齒緣苦蕒・苦瓜菜)
      ハイニガナ f. stolonifera
    クモマニガナ subsp. kimuranum
本州北部産
    ドロニガナ subsp. kitayamense
紀伊半島産
    イソニガナ subsp. nipponicum
新潟産
      シロバナニガナ
(ハナニガナ) var. albiflorum 日本全土・朝鮮・中国・樺太産
        ハナニガナ
(オオバナニガナ) f. amplifolium 黃花品
        シロバナニガナ f. leucanthum
白花品
    オゼニガナ subsp. ozense(I.kurilense)
北海道・本州北部・千島産
    シラネニガナ subsp. shiranense
関東北部産
  I. gracile(Ixeris gracilis;細葉小苦蕒・粉苞苣)
 『中国本草図録』Ⅵ/2895
         
陝甘・華東・両湖・両広・西南・チベット・ヒマラヤ・ベトナム産
  ヤナギニガナ I. laevigatum(Ixeris laevigata;褐冠苦蕒菜・平滑苦蕒菜)
         
九州・琉球・臺灣・福建・インドシナ・ニューギニア・パキスタン産
  ヤクシマニガナ I. parvum(Ixeris parva)
屋久島産
  ミヤマニガナ I. transnokoense
  コスギニガナ I. yakuinsulare(Ixeris yakuinsularis)
九州産
   

 キク科 Asteraceae(菊 jú 科)の植物については、キク科を見よ。

 和名は、茎や葉が苦いことから。
 漢名を荼(ト,tú)・苦菜(クサイ,kŭcài)というものについては、ノゲシを見よ。

 本州・朝鮮・華東・湖北・廣東・極東ロシアに分布。

 嫩葉を食用にする。

 『詩経』国風・豳風「七月」に、「九月は苴(しょ。アサの実)を叔(ひろ)ひ、荼(と。ニガナ)を采(と)り樗(ちょ。オウチあるいはニワウルシ)を薪にし、我が農夫を食(やしな)ふ」と。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index