さくらたで (桜蓼) 

学名  Persicaria odorata subsp. conspicua (P.macrantha subsp.conspicua, P.japonica subsp.conspicua, P.conspicua, Polygonum japonicum var. conspicuum, Polygonum conspicuum)
日本名  サクラタデ
科名(日本名)  タデ科
  日本語別名  ヨウヒキタデ、ヤナギタデ、タデモドキ
漢名  芳香蓼(ホウコウリョウ, fāngxiāngliăo)
科名(漢名)  蓼(リョウ,liăo)科
  漢語別名  香辣蓼(コウラツリョウ,xiānglàliăo)
英名 (English Name)  
2006/09/23 野川公園自然観察園

2005/10/24 さいたま市田島が原

 シロバナサクラタデ P. japonicum は別種。
 イヌタデ属 Persicaria(蓼 liăo 屬) については、イヌタデ属を見よ。
 和名は、タデとしては花柄が大きいことと、花の色から。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)蚕繭草に、「タデモドキ ヤナギタデ細葉ノ靑蓼ト同名 サクラタデ ヤウキヒタデ」と。ただし蚕繭草はシロバナサクラタデである。
 本州・四国・九州・朝鮮(南部)・廣西・雲南に分布。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index