すべりひゆ (滑莧) 

学名  Portulaca oleracea
日本名  スベリヒユ 
科名(日本名)  スベリヒユ科
  日本語別名  イハイズル、ノハイズル、ヒヨー、コオロギグサ、ホトケメシ、ホトケノミミ、ボシミン、ヒデリグサ、ヒデリコ、フズキグサ、ノシベ、ヒユウナ、ヌメリヒユ、ツルツル、ヨツバライ、ヨゴシグサ、トンボソウ
漢名  馬齒莧(バシカン,măchĭxiàn)
科名(漢名)  馬齒莧(バシカン,măchĭxiàn)科
  漢語別名  馬蛇子菜(バダシサイ,mashezicai)、馬齒菜(バシサイ,machicai)・馬子菜・螞蟻菜、地馬菜、長命草(changmingcao)、五行草(ゴコウソウ,wuxingcao)、瓜子菜(カシサイ,guazicai)、猪母乳・猪母草・猪母菜
英名  Purslane, Garden purslane
2004/08/23  跡見学園女子大学新座キャンパス

2005/09/12 学内 

2010/08/24 富山県薬用植物指導センター

 スベリヒユ科 Portulacaceae(馬齒莧 măchĭxiàn 科)には、下記のスベリヒユ属 1属がある。

 スベリヒユ属 Portulaca(馬齒莧 măchĭxiàn 屬)は、世界に約115-153種がある。

  マツバボタン P. grandiflora(P.pilosa subsp.grandiflora;
         半支蓮・大花馬齒莧・松葉牡丹・乞兒碗・六月雪)
         
南アメリカ原産、しばしば逸出 
  P. insularis(小琉球馬齒莧)
臺灣産 
  P. okinawensis
    オキナワマツバボタン var. okinawensis(P.pilosa subsp.okinawensis)
沖縄産 
    アマミマツバボタン var. amamiensis
奄美産 
  スベリヒユ P. oleracea(馬齒莧)
    タチスベリヒユ(オオスベリヒユ) var. sativa ヨーロッパ原産、蔬菜用。
    

  ヒメマツバボタン
(ケツメクサ) P. pilosa(P.australis;毛馬齒莧・朱雀舌・午時草・嘴草)
         
熱帯アメリカ原産、日本には帰化
  タイワンスベリヒユ P. psammotropha(P.quadrifida var.formosana, P.insularis,
         P.boninensis, P.hainanensis;沙生馬齒莧)
海南島産 
  P. quadrifida(四瓣馬齒莧)
臺灣・海南島・広東・雲南から旧世界の熱帯・亜熱帯に産 
  ハナスベリヒユ(オオスベリヒユ) P. oleracea × P. pilosa subsp.grandiflora
         (大花馬齒莧) 
観賞用
   
 和名は、茎葉を茹でて食うと滑らかなことから。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)馬莧・馬齒莧に、「和名宇万比由」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』23(1806)馬齒莧に、「ウマビユ
和名鈔 スベリヒユ スベリヒヤウ佐州 スメリヒユ防州 イヌヒヤウ相州 ズンベラビヤウ加州 イハヒヅル伯州」と。
 漢名馬齒莧は、葉の形から。
 英名は、スベリヒユの仲間の総称。pusley は、purslane の転訛。
 一説に南アメリカの熱帯原産、一説にヒマラヤ西部・中央アジア・ギリシアの原産。
 かつて広く蔬菜として栽培され、今日では広く世界中の熱帯・温帯に分布する雑草となっている。
 しかし今日でもなお、エジプト・スーダンでは市場向けに栽培し、イギリスでは種苗カタログに記載されている。。
 若葉・若芽を蔬菜として食用にし、全草を乾燥して薬用にする。『中薬志Ⅲ』pp.15-17 
 『万葉集』に、

   いりまぢ
(入間道)のおほや(大家)がはら(原)のいはゐつら(蔓)
      ひ
(引)かばぬるぬるわ(吾)になた(絶)えそね (14/3378,読人知らず。武蔵国の歌)
   かみつけぬ
(上毛野)かほや(可保夜)がぬま(沼)のいはゐづら(蔓)
      ひ
(引)かばぬ(濡)れつつあ(吾)をなた(絶)えそね (14/3416,読人知らず。上野国の歌)

とあるいはゐ蔓は、諸説があるが、スベリヒユとする説が強い。 
 「馬歯莧(すべりひゆ)とてあり。是莧の類にあらず。葉馬の歯のごとく、其性又莧に似たれば、馬歯莧と書けり。和名すべりひゆと云ふ意は、其性なめらかにして莧に似たるなり。其葉をすりて腫物脛瘡にぬりてよく治す。茹(ゆび)きてあへ物さしみなどに用ゆべし。脾胃よはき人にはよろしからず」(宮崎安貞『農業全書』1697)



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index