うすべににがな (薄紅苦菜)

学名  Emilia sonchifolia
日本名  ウスベニニガナ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  
漢名  一點紅(イチテンコウ,yīdiănhóng)
科名(漢名)  菊(キク,jú)科
  漢語別名  紅背葉、羊蹄草、葉下紅
英名  


 ウスベニニガナ属(ベニニガナ属) Emilia(一點紅 yīdiănhóng 屬)には、旧世界の熱帯に約100種がある。

  ベニニガナ E. coccinea(E.sagittata, Gynura sagittata;絨纓菊・止血丹)
         
アフリカ原産 日本では栽培・逸出 『週刊朝日百科 植物の世界』1-186
  ナンカイウスキニガナ E. praetermissa
熱帯アフリカ産
  E. prenanthoidea(E.angustifolia;小一點紅・細紅背葉)
         
福建・浙江・両広・雲貴・インドシナ・フィリピン・ニューギニア産 『中国本草図録』Ⅹ/4890
  ウスベニニガナ E. sonchifolia(一點紅・紅背葉・羊蹄草・葉下紅)
         
『中国本草図録』Ⅱ/878・『週刊朝日百科 植物の世界』1-187 
   
 キク科 Asteraceae(菊 jú 科)の植物については、キク科を見よ。
 
 本州(関東以西)・四国・九州・琉球・臺灣・華東・両湖・廣東・西南から旧世界熱帯・亜熱帯に分布。
 中国では、全草を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index