やまるりそう (山瑠璃草) 

学名  Nihon japonicum (Omphalodes japonica)
日本名  ヤマルリソウ
科名(日本名)  ムラサキ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2008/03/27 多摩森林科学園
2007/04/30 あきる野市留原
2007/05/04 厚木市七沢

 ルリソウ属 Nihon(山琉璃草 shānliúlícăo 屬)には、日本に4-5種がある。

  アキノハイルリソウ N. akiensis(Omphalodes akiensis)
広島・鳥取産 絶滅危惧IA
  ヤマルリソウ N. japonicum(Omphalodes japonica)
  ルリソウ N. krameri(Omphalodes krameri)
北海道・本州中部以北産
  エチゴルリソウ N. laevispermum(Omphalodes laevisperma, O.krameri
         var.lavisperma)
福島・山形・新潟・福井産
  ハイルリソウ N. proliferum(Omphalodes prolifera)
愛知県産、絶滅か
   
 ムラサキ科 Boraginaceae(紫草 zĭcăo 科)については、ムラサキ科を見よ。
 
 本州(福島石川以南)・四国・九州に分布。
 埼玉県では準絶滅危惧(NT)。
 ルリソウは、江戸時代初期から観賞用に栽培していた。
 『花壇地錦抄』
(1695)巻四・五「草花 春之部」に、「るり草 初中。花るり色、小りん」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index