ぶしゅかん (仏手柑)

学名  Citrus medica var. sarcodactylis
日本名  ブシュカン
科名(日本名)  ミカン科
  日本語別名  ブッシュカン
漢名  佛手柑(ブッシュカン,fóshŏugān)
科名(漢名)  芸香(ウンコウ,yúnxiāng)科
  漢語別名  佛手、佛手香櫞(ブッシュコウエン,fóshŏu xiāngyuán)、五指柑、蜜羅柑、香圓
英名  Fingered citron, Buddha's hand citron
2007/05/10 薬用植物園 (温室) 2007/06/07 同左
『中国本草図録』Ⅶ/3191参照。

 Citrus medica は、和名はマルブシュカン、漢名は香櫞(コウエン,xiāngyuán)・枸櫞(クエン,jŭyuán)、英名は Citron。インド北東部・ヒマラヤ南麓原産、ミカン属の自生種の一。古く『旧約聖書』にその名が見え、ペルシアでも既に紀元前に栽培されていた。今日では世界の熱帯地方で栽培、東アジアでは臺灣・福建・両広・雲南などで栽培。『中国本草図録』Ⅲ/1236・『週刊朝日百科 植物の世界』3-201

 これに、次のような変種・品種がある。

  ブシュカン 'Sacrodactylis'(C.medica var.sarcodactylis;
         佛手・佛手柑;E.Fingered citron)
  セイバンレモン subf. dulcis(C.medica var.gaoganensis;山檸檬)
臺灣産
  var. yunnanensis(雲南香櫞)
 雲南産 
   
 ミカン属 Citrus(柑橘 gānjú 屬)については、ミカン属を見よ。
 和名は漢名の音。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)枸櫞に、「和名加布知」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)枳殻の条に、枸櫞は「和名加布智」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)26枸櫞に、「マルブシュカン」と。
 漢名・英名ともに、果実が人の手指の形に似ることから。種小名 sarcodactylis は「肉質で指状」の意。
 ブシュカンは、インド原産、インドシナ・ジャワには古く入る。
 今日の中国では、浙江・安徽・福建・兩廣・四川・雲南などで栽培。
 日本には、中国を経由して江戸時代に入る。今日では、和歌山県などの暖地でわずかに栽培する。
 ヨーロッパでは、17c.中葉に記録がある。
 果実の形・芳香を観賞するために栽培。また、果実を砂糖煮にして 食用にする。
 中国では、マルブシュカン及び C.grandis var.shanyuan(C.wilsonii;香圓・西南香圓)の果実を香櫞(コウエン,xiangyuan)と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅱ』pp.303-306
 ブシュカンの果実を佛手柑と呼び、その蒸留液を佛手露と呼び、花・蕾を佛手花(佛柑花・川手花)と呼び、根を佛手柑根と呼び、それぞれ薬用にする。
『中薬志Ⅱ』pp.132-133 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index