ひめじょおん (姫女菀) 

学名  Erigeron annuus (Stenactis annuus, Aster annus)
日本名  ヒメジョオン
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  アメリカグサ、イヌヨメナ、サイゴウグサ、センソウグサ、ヤナギバヒメギク
漢名  一年蓬(イチネンホウ,yīniánpéng)
科名(漢名)  菊(キク,jú)科
  漢語別名  千層塔(センソウトウ,qiancengta)、治瘧草(チギャクソウ,zhinüecao)、野蒿(ヤコウ,yehao)
英名  Annual fleabane, Daisy fleabane, Sweet scabious, White top
2006/04/28 新座市中野
2007/08/07 田島が原

 アズマギク属(ムカシヨモギ属) Erigeron(飛蓬 fēipéng 屬)については、アズマギク属を見よ。
ハルジオンとの区別は、
   茎:ハルジオンは中空、開出した軟毛がある。
   ヒメジョオンは中実(髄は白色)、粗毛がある。
 根出葉: ハルジオンは長楕円形~箆型、有翼の柄があり、花時にも残る。
     ヒメジョオンは、長柄があり卵型、花時には枯れる。
 莖葉:ハルジオンは、長楕円形、基部は耳型、茎を抱く。
    ヒメジョオンは、卵型~倒披針形、まばらな鋸歯があり、無柄。
 花序:ハルジオンは蕾のとき茎とともにうなだれる。ヒメジョオンは直立。
 花期:ハルジオンは4―8月、ヒメジョオンは6―10月。
 和名は、小型の女菀(ジョオン,nǚwăn)の意。女菀は、シオン属 Aster(紫菀屬)のヒメシオン A.fastigiatus(Turczaninowia fasigiata;女菀)。 『中国本草図録』Ⅵ/2915
 菀の字義について、また菀と苑の通用の好ましからざることについて、シオンの訓を見よ。(『改訂新版 日本の野生植物』が、ハルジオンについて「和名は漢字で〈春紫苑〉」、ヒメジョオンについて「和名は漢字で〈姫女菀〉」と記すに至っては、幾重にも問題がある。)
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)女菀に、「和名恵美乃祢」と。小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)に、「女菀 コジヲン トウシヲン ヒメシヲン」と。
 カナダ・USA・中米に分布。広く歐亞に帰化。
 日本には、1865ころ観賞用に導入され、ヤナギバヒメギク(柳葉姫菊)などと呼ばれた。明治初から各地に帰化。
 若芽は蔬菜として食用にする。
 本山荻舟『飲食事典』「のぎく」の項に、「ヒメシオン(姫紫苑)」は「早春の若芽ごろから初夏にツボミをもつ前までのかなり長い間、ゆでて十分に水さらしすると例の浸し物・和え物、または汁の実・卵とじなどにして癖がなく、キク科に共通する香味が賞味される」と。
 中国では、全草を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index