だいういきょう (大茴香) 

学名  Illicium verum
日本名  ダイウイキョウ
科名(日本名)  マツブサ科
  日本語別名  トウシキミ
漢名  八角(ハチカク,bājiăo,はっかく)
科名(漢名)  五味子(ゴミシ,wŭwèizĭ)科
  漢語別名  八角茴香(ハチカクカイコウ,bajiaohuixiang,はっかくういきょう)、大茴香
英名  Star anise
2007/04/19 薬用植物園 (温室)
2007/05/03 薬用植物園 (温室)
2007/05/26 同上

 シキミ属 Illicium(八角 bājiăo 屬)については、シキミ属を見よ。
 
 中国(福建・兩廣・貴州・雲南)・臺灣・インドシナに分布。『雲南の植物Ⅲ』41参照。
 未熟の果実を乾燥し、そのまま或いは粉末にして、香辛料とし、また薬用にする。『中薬志Ⅱ』pp.4-5
 枝葉・果実などを蒸留してダイウイキョウ油を採り、香料にする。
 インフルエンザ薬タミフルの原料。
 中国料理の代表的な香辛料として、花椒 Zanthoxylum bungeanum・八角・桂皮(トンキンニッケイ) Cinnamomum cassia・丁香(チョウジ) Syzygium aromaticum・茴香(ウイキョウ) Foeniculum vulgare を五香(ゴコウ,wuxiang)と称する。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index